top of page

子の連れ去り問題
取り巻く現実

子の連れ去り・実子誘拐・子の強奪問題は、我が国で深刻な影響を及ぼしています。

My Projects

実子誘拐の件数は増加の一途をたどっています。最新の推計では、年間約2万5千件の実子誘拐が発生しているともいわれています。また、被害を受ける児童の数は約10万人以上とも。

 

これらの数字は、日本社会における重大な問題を浮き彫りにしています​ (東洋経済オンライン)​​ (AERAdot)​。

実子誘拐の発生件数

1

離婚後の家庭環境では、子どもの非行率が劇的に上昇します。

 

少年院入所者は全体の30%強に過ぎませんが、母子家庭や父子家庭、再婚家庭では非行率が約70%弱に達し、非行リスクは8倍以上に増加します​ (アトム法律事務所弁護士法人)​​ (AERAdot)​。

子どもの非行率の上昇

3

離婚後の家庭環境において、児童虐待のリスクは大幅に増加します。

 

データによると、離婚後家庭では児童虐待の発生率が約4倍に跳ね上がります。特に実親による虐待が顕著で、子どもたちの安全が深刻に脅かされています​ (Haruta-lo)​​ (アトム法律事務所弁護士法人)​。

離婚後家庭における児童虐待のリスク

2

子の連れ去りが発生した場合、多くのケースで家庭裁判所による面会交流調停が行われます。

 

2023年の統計によれば、面会交流に関する調停件数は年間で数千件に達しており、これらの調停は親子の再会を実現するための重要なプロセスとなっています​ (アトム法律事務所弁護士法人)​。

面会交流調停の実態

4

実子誘拐は多くの子どもたちとその家族に深刻な影響を与えています。実子誘拐が子どもの心理的、社会的な発展に大きな悪影響を及ぼしていることをデータが示しています。

私たちはこの問題に対する理解を深め、適切な対策を講じることで、子どもたちが安心して成長できる社会を目指す必要があります。

実子誘拐の影響と対策

実子誘拐が子どもに与える影響や、心理的ストレスとその長期的影響

実子誘拐は子どもに深刻な心理的影響を及ぼします。連れ去られた子どもたちは、突然の環境変化や片親との断絶により、深い不安やストレスを感じることが多く、これが長期的な精神的発展に悪影響を及ぼします。

専門家の意見や研究結果

心理学者や教育者の研究によれば、実子誘拐の経験が子どもの自己評価や社会的スキルに長期的な影響を与えることが示されています。また、適切な支援が提供されない場合、子どもは長期的な心理的問題に直面するリスクが高まります。

【子ども連れ去り】
「居場所がわからない苦しみ」

骨抜きにされた
民法改正法案・共同親権

法的支援とその限界

日本における法的対応の現状

日本では、子の連れ去りに対する法的支援が進んでいません。

依然として多くの課題があります。

 

家庭裁判所は親権を持つ親の権利を保護するために、様々な措置を講じていく必要があります。

家庭裁判所の役割と課題

本来は、家庭裁判所は、親権争いにおいて中立的な立場を保ち、子どもの最善の利益を考慮した判断を下す必要があります。しかし、実際には手続きの遅れや、家庭裁判所の運用が、問題となっています。

国際的な子の連れ去り事件への対応

国際的な子の連れ去り事件に対しては、ハーグ条約の適用が求められます。しかし、国際的な法的手続きは複雑であり、迅速な解決が難しい場合があります。

bottom of page